Excel2010の新機能により クラウドコンピューティング をあなたも体験できます!

   政府は、2010年中にクラウドコンピューティングのデータセンターの誘致を開始します。
    (※  2010年6月21日 日本経済新聞 朝刊より  )
● 震災に強い「 クラウド 」が注目されています。
     理由は、データセンターが分散されるからです(IBM,マイクロソフト、ヤフーなど)。

 【 サイト作成について 】
   このサイトは、 公式のMicrosoftサイト情報を基に、日常excelを使用している立場からまとめたものです。
理解しやすくするため、複雑な操作には、各記事で「 画像 」、「 動画 」を利用しました。

 excel は、ソフトウェアの横綱にふさわしい!

    ところで、 なぜ、 excelは、強いのでしょうか?




  主な理由は、excel2010の新しい機能が、 主に次の方針に従っているからです。
   1.「視覚化」
   2.「時間の節約」
   3.「Webで共有」 ※  excelでクラウドコンピューティングをどなたでも体験できます。

 excelが登場してきた頃と比較し、Excel2010の機能は、Web2.0にふさわしい内容となっています。
 上記 1,2,3の新機能を「具体的」に概要を説明しました。
 主な機能の詳細は、サイドメニューのリンクを辿り、関連する記事を参照願います。

【視覚化】
1.視覚化 : 「重要データの視覚的強調」
「百聞は一見に如かず」(ひゃくぶんはいっけんにしかず)、という「ことわざ」があります。
人から何回も話を聞くより、直接見てしまったほうが良いことのたとえです。
「視覚化」は、言葉の説明と比較し、直観的に理解しやすい方法であることが分かります。

(1)スパーク ライン  (sparkline 火花線)
   これは、excelのワークシートのセルの中に折れ線グラフなどを描いたものです。
  データとグラフを一つのワークシートで「一見」できるので、分かりやすくなりました。
  たった1つにまとめることは、人の能力が向上する、と思われます。
  2枚・・・5枚・・・30枚、忙しいとき、ページの多い書類に向かい、詳細に分析する時間を持たない人々が多くなったからです。
  スパークラインを描いた結果、グラフの傾向を直観的に判断でき、短時間で「重要データの視覚的強調」ができました。
  詳細は、「グラフ」記事を参照願います。

(2)グラフ
  1)ピボットグラフ
     excelのピボットグラフは、分析フィールドを簡単に選択できます。
    グラフの近くに表示されたボタンを押し、プルダウンメニューを表示し、簡単に集計フィルタリングできるようになりました。
    複雑で設定困難だった作業がなくなりました。
    お絵かきのレベル、となったのです。  その結果、分析に余裕が生まれました。

  2)条件付書式のデータバー
     データのマイナス値をセルに棒グラフで表示できます。
    1つのセルの中に、マイナスとプラスを2分させ表示できます。
    負の値を強調できるので、見落としが無くなるかも知れません。

  3)グラフのマクロの記録
     Windows 版 excelで図形のマクロの記録が復活しました。
    vbaで図形を自由にコントロールできます!
    なお、「オートシェイプ」は、2007から「図形」と呼ばれるようになりました。

【スピードUP、容量UP】
2.スピードUP、容量UP : 「時間の節約」
 excelの処理スピードがUPされ、処理できる容量が大幅にUPされました。
これを実現する方法は、マルチスレッド、メモリー依存の行数などです。
オンメモリーの最高処理スピードを誇るexcelは、さらにスピードUPしたことが良く分かります。

(1)スライサー
   excelのピボットテーブル機能がマルチスレッドにより、大幅にスピードアップされました。
  分析項目は、スライスした食パンのように、任意の組合せで複数、選択できます。
  新機能の「スライサー」は、フィールドを自由にスピーディーに組み合せることができます。

(2)ピボットグラフの「検索オプション」のグラフ上のボタンをクリックし、簡単にフィルタリングできます。
  すでに説明したとおり、グラフの表示フィールドの選択が簡単になりました。

(3)行数・列数の限界を超える方法: PowerPivot for Excel 2010
   excel 2010 は、1,048,576行が限界です。 excel2007と同じです。
  しかし、無料でインストールできる「PowerPivot for Excel 2010」アドインを使用し、数億行以上の行数のDBを処理できます。
  しかも、DBのテーブル間の「リレーションシップ」を保証付きで、設定することができます。
  SLQ ServerやAccessの異なるDBのテーブルを複数組み合わせ、極めて簡単に処理することができます。
  詳細は、「行数」記事を参照願います。

(4)グラフ作成制限は、メモリー依存
   MAX32,000のデータポイント・要素数の制限がメモリー依存となりました。
  研究所などの解析業務に役立つかも知れません。

【Webで共有】
3.「Webで共有」: 「場所を選ばずWebで共有・共同編集」できます。
   excelを使用した「クラウドコンピューティング」環境が整いました。
(1)Webブラウザでexcel共有 : 
    Office は、SkyDriveをファイルの「保存」先として簡単に指定できます。
   excel 2010の場合、「ファイル」⇒「保存と送信」⇒「Webに保存」⇒「Windows Liveに保存」でSkyDriveに保存できます。
   例えると、まるでネットワークドライブがスカイ(空)に浮かぶクラウド(雲)に接続したようです。
   しかも、25GBのフリースペースが手に入ります。
   外付けHDDが必要なくなるかも知れません。

(2)Webブラウザでexcel共同編集
   企業で行われている、Officeファイルの共同編集が家族や友達に広がりました。
  SkyDriveは、ネット上にある共有Officeの一部として取り扱い可能、となったことが分かります。

※その他、主なexcel2010の新機能を紹介しました。

  1)リボンをカスタマイズできます。
    したがって、excel 2003と思われる画面インターフェースを設定できます。
    次の図は、excel 2010のリボンを2003風にカスタマイズした結果です。
    まるで Excel 2003 のようです。

excel2010MENU


  2)excelワークシート関数が約60増え、407個になりました。
    「関数」記事で60個の関数を説明しました。

  3)プレビュー
    貼り付けプレビュー機能が追加されました。
    貼り付けを確定する前に、結果をプレビューし、最大14パターンを確認できます。
分類iconセルへの貼り付け機能
貼り付け すべて貼り付ける
値と数式を貼り付ける
値と数式、また表示形式を貼り付ける
値と数式、また書式を貼り付ける
値と数式、また罫線以外の書式を貼り付ける
列幅を保持し、すべて貼り付ける
行と列を入替えて貼り付ける
値の貼り付け 値を貼り付け、数式は計算され、値に変換される
値と表示形式を貼り付け、
数式は計算され、値に変換される
値と書式を貼り付け、
数式は計算され、値に変換される
その他の貼り付けオプション 書式を貼り付ける
リンク貼り付け
図として貼り付け
図のリンク貼り付け

  4) ハイパーリンクの一括削除
   面倒だった、ハーパーリンクを一括削除できます。

  5) マクロの警告がブックに対して1度だけになりました。
   excel 2010を使用すると、すぐに気が付く嬉しい改善です。
   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。