vba

excelが2010になりましたね!


excel 2010 新機能 便利です! Homeへ
vba

Windows 版 excel2010に vba、図形のマクロ記録が復活しました。


図形のマクロ記録が復活
マクロと言えば、vba を使用できます。
マクロの内容を vba で修正・追加し、プログラミングできます。

excel2010では、オートシェイプは、2007と同様に「図形」と呼ばれています。
「図形」のexcelでの定義は、ヘルプより引用し、次の通り、加筆しました。
『図形は、あらかじめ用意されている図形のことです。
その種類は、次の通りです。
(1)基本図形 : 1)長方形 2)円 3)楕円 など43種類
(2)線 : 12種類で2007と同じです。
(3)四角形 : 9種類で、新しく追加されました。
(4)ブロック矢印 : 27種類で2007と同じです。
(5)数式図形 : 6種類、新しく追加されました。
(6)フローチャート : 28種類で2007と同じです。
(7)星とリボン : 20種類で、増えました。
(8)吹き出し : 16種類で、少し減りました。
以上の結果、2010では、種類が増えました。』

マクロの vba が役立つのでしょうか?



Windows 版 excel 2010 でvbaを使用すると、たくさんの図形にテキストを簡単に入力できます。
また、たくさんのコネクタもvbaで作成したプログラムの「自動化」で追加でき、便利です。
「たくさん」とは、数百、数千以上のことです。
このように多くの繰り返し作業がある場合、「vba」が役立つことが分かります。
vbaは、繰り返しやif 判断をマクロに追加できるからです。

参考までに52回の繰り返しをvbaで実行させ、カレンダー を自作しました。
また、マクロの簡単な実行方法を マクロ 記事で説明しました。


次の図は、A列とB列のテキストをvbaで図形に入力した結果の一部です。
vba

このように、vbaを使用すると、簡単・正確に退屈な作業を自動化できます。
数百、数千個以上あるテキストでも、vba を使うと、簡単に入力できます。 助けを excel に求めることが出来ることが良く分かります。

EXCEL2010のDEMOファイルを SkyDriveにアップし、公開し、「Web共有」できます。
次のリンクより参照できます。
なお、「SkyDrive」の使用法は、「web」記事で詳細を説明しました。


次の図は、リンクをクリックした結果です、EXCEL2010を所有している場合、「Excelで開く」ことにより開くことができます。
画面右上の「サインイン」をクリックし、Windows Live SkyDriveにサインインしてください。

vba

SkyDriveのEXCELは、vba をサポートしていなので、Web上では開くことができません。

1.図形を追加する vba 命令


(1) ActiveSheet.Shapes.AddShape(ShapeType, Left, Top, Width, Height )
ここで ShpaTypeは、図形の識別番号で1〜137、139〜183の範囲で指定できます。
Left、Top, Width, Heihtは、省略できません。
Left 図形の左端位置
Top 図形の上端位置
Width 図形の幅
Height 図形の高さ

単位は、ポイントです。
また、原点は、ワークシートの左上端です。

2. 図形にテキストを入力する vba 命令


前半で説明した図形は、次のデータを入力しました。
(1) Shape.TextFrame.Characters.Text = Cell(I,1).value (A列の場合)
(2) Shape.TextFrame.Characters.Font.Name = “MS Pゴシック”
(3) Shape.TextFrame.Characters.Font.Size = 12
(4) Shape.TextFrame.HorizontalAlignment = xlHAlignCente
(5) Shape.TextFrame.VerticalAlignment = xlVAlignCnter

3.図形のスタイルを決める vba 命令


 Shape.ShapeStyle = msoShapeStylePresetXX このXXにスタイル番号を入力します。
  スタイルは、excel 2007、2010の場合、42種類です。
  次の図は、図形を選択し、「図形のスタイル」⇒「その他」ボタンをクリックしたとき表示されるメニューです。
ShapeStyle
※ スタイル番号は、復活したマクロ記録により簡単に知ることができます。
以上のvbaの詳細は、SkiDriveよりexcel DEMOファイルをダウンロードして参照できます。
また、コネクタと線(Line)のスタイルを決める vba 命令 、
コネクタの書式をを決める vba 命令 などを使用しています。
詳細は、前半で説明した次のリンクより参照できます。



excel2010の便利な機能を活用しましょう。


excel 2010 新機能 便利です! Homeへ
posted by Yy at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | vba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。