マクロ

マクロ 簡単な実行方法 と 記録方法


 毎日のように、excel を使用する人が多いと思います。
 その際、Excelの「 マウスの動き 」や「 キー入力セル 」が同じではありませんか?
 
 「 繰り返し 」の「 操作 」は、excel のマクロ記録で記録させ、自動化できます。
 「 マクロの記録 」を知っているだけで、使用したことが無いかも知れません。
 このような場合、 「 マクロ 」 を簡単に実行する方法を最初に学習すると、「マクロ」の価値を実感できます。
 Windows 版 Excel 2010 の簡単で効率的な「 マクロ 」実行、「 マクロの記録 」方法を説明しました。

1.マクロの簡単な実行方法 「 表示 」タブから


 次の図は、「表示」タブを選択し、「マクロ」の▼をクリックし、「マクロの表示」を表示させた結果です。

マクロの表示

次の図は、「マ ク ロの表示」をクリックした結果表示される「 マクロ 」ダイアログボックスです。

macro

実行したい、「マ ク ロ」をリストから選択します。
図の場合、gen_cal (自作 日付入力カレンダー)を選択した結果です。
※ 自作 日付入力カレンダーの説明は、「 カレンダー 」記事を参照願います。
「実行」ボタンを押し、Macro を実行できます。

2.マクロの簡単な実行方法 「 ショートカットキー 」を使用する方法


次の図は、MACROダイアログボックスの「オプション」ボタンの位置を示した図です。

マクロオプション

「 オプション 」ボタンを押し、gen_cal にショートカットキーを割り当てます。
次の図は、「オプション」ボタンを押し、表示されたダイアログボックスです。

MACROオプション

Ctrl + g キーは、すでに他の機能に割り当てられています。
したがって、Ctrl + Shift + G キーを割り当てました。
ショートカットキー入力位置で Shift キーを押し、g を押すと、図のようになります。
「OK」ボタンを押すと、ショートカットキーが割り当てられます。
その結果、ショートカットキーを押すことにより、簡単にマクロ gen_cal を実行でき、大変便利です。

なお、現在、次のショートカットがExcel 2010 で割り当てられていません。
Ctrl + E、Ctrl + J、Ctrl + M、および Ctrl + Q
(※  Excel 2010 ヘルプより引用しました。 )

※注意: ショートカットキーは、ブック単位で有効です。 マクロがブックに保存されるからです。

3.マクロのさらに簡単な実行方法 「 ボタン、またはアイコン」を使用する方法


次の図は、日付書式を設定したセルをクリックし、選択した結果表示されるカレンダーアイコンです。
◎ 日付入力カレンダーの説明は、「 カレンダー 」記事を参照願います。

カレンダーアイコン

カレンダーの作り方は、詳細情報を説明していますので、参照願います。


4.マクロの簡単な実行方法 「 クイックアクセスツールバー 」を使用する方法


次の図は、「 クイックアクセスツールバーユーザー設定 」ボタン▼マークを押した結果です。

クイックアクセス

「 クイックアクセスツールバーのユーザー設定 」ダイアログボックスが表示されます。
図の中にある「 その他のコマンド 」メニューをクリックします。

次の図は、表示される「 Excel のオプション 」ダイアログボックスです。

クイックアクセス

「コマンドの選択」から「 マ ク ロ 」を選択し、例えばgen_cal  をクリックし、「追加」ボタンを押します。
ダイアログボッククスの「OK」ボタンを押し、「 クイックアクセスツールバー 」に登録できます。
次の図は、「 クイックアクセスツールバー 」に gen_cal のメニューが追加された結果です。

クイックアクセスメニュー

なお、追加するメニューの「アイコン」を次の方法により、変更することができます。
「Excel オプション」ダイアログボックの「 変更 」ボタンを押し、アイコン一覧から選ぶ方法です。
このアイコンをワンクリックすることにより gen_val を実行でき、大変便利です。

※ 注意: gen_cal をコピーしたブックでクイックアクセスメニューのgen_calを使用する場合、メニューを新しいブックの gen_calに設定し直す必要があります。


5.マクロの簡単な記録方法


 次の図は、Excel 2010 のワークブックの左下端です。

MACRO記録
 
 「 マ ク ロ記録 」ボタンをマウスでポイントすると、図のように説明が表示されます。
次の図は、「マ ク ロ記録」ボタンを押すと表示される「マ ク ロ 記録」ダイアログボックスです。

MACRO記録
 
1)マ ク ロ名  2)ショートカット キー  3)マ ク ロの保存先 4)説明
この4つの内容を入力できます。
その結果、Excel の操作過程を記録できます。

次の図は、「マ ク ロ」の記録中に表示されるボタンのアイコンです。

MACRO記録

ボタンを押すと、「 マ ク ロの記録 」が停止します。
記録した「 Macro 」の実行方法は、前半の内容を参照願います。

excel2010の便利な機能を活用しましょう。


excel 2010 新機能 便利です! Homeへ
posted by Yy at 06:10 | Comment(5) | マクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新機能ではありませんよ
Posted by at 2011年10月13日 00:01
新機能ではありませんよ
Posted by 名無し at 2011年10月13日 00:01
名無し さま
コメント ありがとうございます。
確かにマクロの使用方法は、新機能ではありません。
しかし、カレンダーアイコンの簡単な使用方法は、新しい内容です。
その結果、参考までに紹介いたしました。
コメント どうも、ありがとうございました。
(サイト管理者 Yy)
Posted by Yy at 2011年10月13日 04:59
使用しているテキストより、わかりやすかったです。ありがとうございました!
Posted by at 2012年02月01日 10:23
コメント ありがとうございます。
海外、例えばアメリカのExcelサイトは、もっと参考になると思います。
時間の余裕がある場合、海外のエクセルサイトをご覧になってはいかがでしょうか?

コメント どうも、ありがとうございました!
(サイト管理者 Yy)
Posted by Yy at 2012年02月01日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。