カレンダー

Office2010からカレンダーコントロールmscal.ocxが削除されました。


1.Office 2010は、古いバージョンのOfficeと共存できるため、Office 2007などを削除しなかった場合、mscal.ocx を利用できます。


  詳細は、後半のMicrosoft TechNetの説明に関連した内容を参照ください。

2.次の図は、「 図形 」の長方形を使用した 自作 日付入力カレンダー です。


 削除された日付入力の 解決方法 のひとつとして、Windows 版 Excel2010 マクロ の vba を使用した自作カレンダーを作成しました。
 vbaを使用し、ワークシート上に長方形を新しく作り出しています。
 Excel 2003 で動作できるように、変換しました。
 動作は、excel 2003, 2007, Windows 版 excel 2010 さらに excel 2013 で可能です。
  ※ ダウンロード方法は、記事の後半にあります。

calendar

次の図は、西暦の年数を変更する場合、VBAで作り出す図形です。
 ◎ 年数の表示をクリックすると、表示されます。
calendar

次の図は、月数を変更する場合、VBAで作り出す図形です。
 ◎ 月数の表示をクリックすると、表示されます。
calendar

次の図は、書式が日付の設定になっているセルをクリックしたとき表示される、VBAで作り出すアイコンの図形です。
 ◎ 日付入力セルをクリックすると、カレンダーアイコンが表示され、そこを押すことで簡単にカレンダーを表示できます。
calendar icon



【 自作 Excel popup calendar 使用方法の説明 】

1) ダウンロードしたBOOKの任意のワークシート上で動作します。
   最初、カレンダーの図形は、ありません。 マクロにより、新しくカレンダーの図形を描き出します。
2) 日付を入力したい任意の「セル」を選択します。
   日付の書式は、この「セル」に対して決めます。
◎ 日付書式を設定したセルを初めて選択した場合、初回選択に限り カレンダーアイコンがそのセルの右隣りのセルに表示されます。
3) 「表示」タブをクリックし、マクロの▼マークをクリック、「マクロ表示」を選択します。

 ※ 簡単な マクロ の実行方法 と 記録方法の詳細は、「 マクロ 」記事で説明しました。

4) 「マクロ」ダイアログボックスが表示され、リストからgen_calを選び、「実行」ボタンを押します。
  最も簡単にマクロを実行する方法は、ショートカットキーまたはボタン・アイコンを利用することです。
  (a) Ctrl+Shift+Gキーを押すと簡単に実行できます。
  (b) 選択されていない「日付入力セル」を選択すると、カレンダーアイコンが表示され、それをクリックし、簡単に実行できます。
5) 上図の中の「<<先月」、又は「来月>>」をクリックし、月 を変更できます。
6) 日付をクリックすると、選択した「セル」に日付を入力させます。
7) 自動的にカレン ダーがワークシートから削除され、消されます。
8) カレン ダーを削除せず残しておきたい場合、A_Aclick サブルーチンのCall del_cal 一行をコメントし、
  Call del_cal を実行させないようにします。
  「カレン ダー」を強制的に削除したい場合、 del_cal マクロを実行します。

次のリンクよりダウンロードできます。 ファイルは、圧縮してあります。
popup calendar ダウンロード

一方、次のリンクよりカレンダーアイコン APPTS.ICO を使用しないEXCEL Bookをダウンロードできます。
小さい■アイコンを四角図形で描写します。
アイコンファイルの格納パス(path)が標準の場所でない場合に有効です。
popup calendar アイコン図形作成 タイプ ダウンロード


◎ Excel 2003 は、次のリンクよりダウンロードできます。
popup calendar 2003 ダウンロード

  ※ なお、EXCEL 2003の日付の文字色と太さを固定する方法は、次の手順に従います。
  【1】popup_cal_2003マクロを実行できるExcel 2003 Bookを開きます。
  【2】Alt + F11 キーを押し、VBEを起動します。
  【3】Sub gen_cal()の15行目以降にある次の2つのVBAのステートメントを修正します。
     intFontColor = 1  ’カラーコード1番は、黒です。
     boolFlagBold = True ’True は、太字、Falseは、細字です。
   VBA

  【4】Excelファイルを保存します。

※ ダウンロードしたい、と思った人に提案します。
 本サイトは、皆様のご協力により、25,100ページ以上にリンクされています。
 ありがとう、ございます!  皆様に、感謝致します。

 さらなる協力をお願い致します。「あなたのブログに次のHTMLコードを貼る」と、あなたのブログの人気が高まるかも知れません!
この「サイト」と「キーワード」は、検索エンジンから高い評価を得ているからです。
 無料です!

――――次の1行――――<a href="http://excel-2010.seesaa.net/" ><u><font color="blue"><b>excel 2010 新機能 は便利です!</b></font></u></a>――――前の1行――――

3.Excel 2010は、カレンダーコントロールが使用できません


  ここで、カレンダーコントロールとは、MS Accessのコントロールmscal.ocxを意味しています。
  使用できない理由は、Office 2010 professional のAccessからこのコントロールが削除されたからです。
  Microsoft TechNetの説明には、次のように書かれています。


 excel 2010のカレンダー コントロール
カレンダー コントロール (mscal.ocx) は、Access ワークシートで使用できる Microsoft Access の機能でした。
Access 2010 ではカレンダー コントロールが削除されており、Excel 2010 で使用できません。
代わりに、日付の選択を使用するか、独自のカスタム カレンダー コントロールを使用します。

access 2010 で削除された機能について
ここでは、Access 2010 で削除された、特に IT 管理者に関連する機能について説明します。
Access 2010 では、Microsoft カレンダー コントロール (mscal.ocx) は使用できなくなりました。
代わりに、Access 2010 の日付選択コントロールを使用できます。
以前のバージョンの Access でカレンダー コントロールを使用していた場合、
アプリケーションを Access 2010 で開くと、エラー メッセージが表示され、
カレンダー コントロールは表示されません。 』

ただし、PCにAccsses 2007、またはVB6.0ランタイムライブラリーがインストールされていない条件の場合です。
Office 2010は、古いバージョンと共存できるため、Office 2007などと共存させた場合、mscal.ocx を利用できます。
また、VB6.0ランタイムライブラリーをインストールした場合、Date and Time Pickerコントロールを使用できます。

4.「 日付の選択 」とは


Microsoft TechNetに書かれていた、「 日付の選択 」とは何でしょうか?

Microsoft Office Access の新機能サイト

上記のページに次の説明があります。

『  日付選択カレンダー
メモ これは Access 2007 で導入された機能です。
日付/時刻データ型を使用するフィールドやコントロールでは、
Access 2007 で導入された対話形式の組み込みカレンダーが自動的にサポートされます。
カレン ダーのボタンは、日付の右側に自動的に表示されます。
たとえば、今週の金曜日の日付を知りたい場合、ボタンをクリックすると、
カレンダーが自動的に表示され、目的の日付を探して選択できます。
プロパティを使用して、フィールドやコントロールのカレンダーを表示しないようにすることもできます。』

結果として、上記の「日付選択カレンダー」ひとつに 日付選択(DatePicker)機能がまとめられました。
英語のMicrosoftサイトでは、日付選択を Date Picker と記述しています。


カレンダーの作り方は、詳細情報を説明していますので、参照願います。


excel2010の便利な機能を活用しましょう。


excel 2010 新機能 便利です! Homeへ
posted by Yy at 21:35 | Comment(118) | カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。